グラウンディングができると自分と向き合う力がついてくる

グラウンディングは、光のコードで地球と繋がるだけでなく、たくさんの効果を私たちにもたらしてくれます。
その1つに「自分と向き合う力」があります。

自分と向き合うというのは、ただ自分を知る(心理テストや占いなどで)ということではなく、自分と自分が真剣に向き合って対話し、自分を見つめ、自分にあるものを認め、受け入れることをしていくようなことです。
あなたが大切な人の重要な相談に乗ってあげるのと同じように。
時に、ただただ話しを聞くこともあれば、寄り添ってあげることもある。
辛いことを受け入れなければならなかったり、厳しい意見を伝えることだってある。
自分が自分に対して、大切な人と同じように真剣に向き合ってあげること。
そこに心があることです。

真剣に自分と向き合うことは、けっこうパワーが必要で、エネルギー不足だと向き合う力が持てません。
向き合うよりも先に、エネルギーを補給しなければなりません。
慢性的な疲労、ストレスを抱えている、愛情不足の人は、少しエネルギー補給をしても、まだまだ自分と向き合うほどエネルギーがありません。
補給をしても、仕事や日常生活の中でエネルギーを使い果たし、いいエネルギーの循環が追いついていない状態です。
自分と向き合いたくとも、生きるために必要なことにエネルギーを使うので精一杯なんです。
これでは、いつまでも自分と向き合うことができません。

自分と向き合う時、自分軸がしっかり保つことができなければ、なかなか対話が進んでいきません。
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ、意見がコロコロ変わっていたら、自分の深い部分は見えてきません。
すぐに感情的になってしまっても自分と向き合えません。
しっかりと自分の中心に存在することができると、自分をありのままに見て、受け入れて、認め、選択をしていけます。

グラウンディングは、私たちが生きていくために必要なエネルギーを、誰とも争うことなく、地球と繋がることをすることで、母なる大地から与えられます。
地球は、この地球上に生きる全ての生命に命の源となるエネルギー源を与えてくれています。
グラウンディングというテクニックを通じて、光のエネルギーを受け取ることで、私たちのエネルギー不足、愛情不足という問題は大きく改善させることができます。
誰かからエネルギーを貰おう、貰おうとせず、無条件に愛と光を与えてくれている地球から受け取ることをしていきましょう。
グラウンディングを通じて、地球から愛と光を充分に受け取り、自分自身がしっかりと満たされるようになると、自分と向き合う力もついてきます。
自分軸をしっかりと保つ力が育っていき、自分と深く向き合い、深く関われるようになるでしょう。

自分と向き合いたい、自分を変えていきたい、自分らしく生きたい、霊的な進化をしていきたいという方は、まずグラウンディングをはじめていきましょう。

グラウンディング〜地球と繋がる〜」クラスでは、地球と繋がるだけでなく、地球のエネルギーを満たしていく方法、地球とのエネルギー循環をしていく方法を学びます。

RIRI

関連記事

  1. オーロラ 波動

    波動を上げるってどういうこと!?

  2. 霊的なステップ7「自分を愛する」

  3. Atelier RIRI SESSION

    スピリチュアル個人セッションってどんなことをやるの?

  4. 願い事だけでなく、目の前にあることもコミットしてみよう!

  5. スペイン フィニステーレ

    エネルギーの奪い合いから自由になる

  6. どれを受講したらいい?どの順番がいい? 〜インディゴ スピリチュアル …

  7. 内面にあるものに気がつく方法 〜体の声を聞く〜

  8. 癒しとは

    癒しとは愛に還ること

最近の記事

  1. 第2チャクラ
おすすめ記事 TOSHA記事
  1. 第2チャクラ
  1. 愛すること
  2. 桜

Atelier RIRI メルマガを購読する