カーアクティベーション

Ka(カー)経路を開くと波動が大きく上がる

16本のカー経路を開く時、16のアビリティー(能力)に向き合うことになります。
カーを開くと決意した方にアビリティーをお伝えしているのですが、例えば「愛し愛される能力」「与え受け取る能力」「選択する能力」「ハイヤーセルフをアンカリングする能力」などがあります。
1本のカー経路を開くのにおよそ2時間前後かかり、それが16本になりますので、だいたい半年から1年くらいかけて開いていきます。
カーを開いている期間は、じっくりと自分と向き合う時となるでしょう。

この16のアビリティーにあるブロックを解消し、高波動な光がカー経路に流れ出すと、本質的な波動が上がりだします。
16本の経路を流れる高波動の光が、全身へと広がり、浸透していくのには少し時間が必要ですが、年々自分の波動が上っていくのを感じられるでしょう。
私は、2011年に16本のカー経路を開いてから、何度か大きな変容の年を体験しました。
穏やかにカーの光が全身へと浸透していく年もあれば、数ヶ月〜1年くらいの月日をかけて大きな波動アップの年もあります。
2011年から、私は16のアビリティーを人生に活用し、波動が上がり続けています。
カー経路を開いた恩恵は、人生ずっと続いていくのです。

変わるのは大変!と思う方もいるかもしれませんが、波動を上げていくためには変化するしかありません。
16本のカー経路を開く過程で、古いパターンやブロックを手放し何度も変化していくため、変容することにとても柔軟になっていきます。
必要な時に自ら進んで変わることを選択し、人生を豊かにしていく力が身についていきます。

スピリチュアルなことを仕事にしていない人であっても、カー経路を開いている人の波動はとても美しく輝いています。
普通に仕事や生活をしていても、他の人々よりも数段上を歩いているような感じです。
無駄な争い事やトラブルに巻き込まれることがなくなってくるでしょう。
低い波動のもの(人や出来事を含め)と同調しなくなるため、関わりがなくなっていきます。
仕事で関わらなければならない同僚だとしても、必要最低限の関係で終わり、あなたは自分に適した波動の人脈や関係を作っていくでしょう。
なにが起こっても自分の中にしっかりと存在し、落ち着いて対応できる力もついてきます。
災害や緊急事態の時にとても役立ちます。
カー経路を流れる高い波動は、愛、喜び、豊さ、願っているものなどポジティブなことを引き寄せるようになるでしょう。
「あの人だけ優遇されてない?」って言われちゃうようなことが自然と起こるようになってきます。
「輝いてるよね」「ブレないよね」「自分を持ってるよね」「パワーあるよね」というような声をかけられることが増えていくでしょう。

グループヒーリングをしている時、カー経路を開いているクライアントさんは、他の人たちよりも高い波動の光を受け取っているのを見ます。
そして、繊細でありながらも、力強く、魂から輝きを放っており、光を受け取りながらどんどん上昇していく姿を見ます。
というのも、16本のカー経路が開き、そこに高波動の光が流れているため、ヒーリングを受けた時の光の吸収率がとても高く、スムーズな循環が行われます。
変容がとても早く起こるため、癒しや人生の変化も大きく、速いスピードで行われるようになっていきます。
人生が加速していくんです。

カー経路を開いていくためには、オーラやチャクラのクリアリングが必要になってきます。
スピリチュアル個人セッション』を受けていただき、カー経路を開くことに興味があることをお伝えください。
カー経路を開くために必要となるクリアリングワークを組み込ませて頂きます。
Ka アクティベーション準備コース』もご用意しております。

RIRI

スピリチュアル個人セッション

関連記事

  1. 第4チャクラ 個人セッション

    第4チャクラのクリアリング = スピリチュアル個人セッション =

  2. オーラの浄化

    オーラ クリアリング =スピリチュアル 個人セッション=

  3. インナーチャイルドを癒し自分らしさを取り戻す = 期間限定プライス =…

  4. RIRI’s本棚 〜愛に関する本〜

  5. アシュタール テリーサイモン

    アシュタール 旅の導き

  6. 自分に優しくしてあげること

  7. 第3チャクラ 個人セッション

    第3チャクラのクリアリング = スピリチュアル個人セッション =

  8. 魂と魂のマトリックスのクリアリング = スピリチュアル個人セッション …

最近の記事

  1. インディゴ スピリチュアル スクール
おすすめ記事 人気記事
  1. インディゴ スピリチュアル スクール
  1. 天使
  2. リーディング

Atelier RIRI メルマガを購読する