癒しの扉を開く・・・道のりはどのくらい!?

スピリチュアルなこと、ヨガ、癒しに関することに興味をもちはじめると、「自分のこと」に引き戻されていきます。
全ては自分にあり、人生を変えていく、辛い人生を終わらせるには、自分を変えていかなければならない。
自分のことに取り組むように導かれていきます。
最初は、傷ついている自分の方が変わらなければならないことを受け入れられません。
親、子供、パートナー、職場の上司など、自分を傷つけている周りの人が変われば、自分が傷つくことがなくなる。
愛されたり、幸せを取り戻せると必死に、周囲を変えようと頑張ります。
しかし、それではなにも変わらない。
逆に関係性が悪化し、問題が膨れ上がることに気がつきはじめ、自分を変えていくことを受け入れられるようになっていきます。

多くの人がこの道を通り、本格的な癒しの道の扉を開くことを決意します。
癒しの扉を開くと、ハイヤーセルフをはじめたくさんの守護天使やガイドたちがあなたをサポートしようと動き出します。
そのため、ある時からシンクロニシティ(偶然の一致)、奇跡的なこと、次々とメッセージが送られるようになります。
いろんな形でガイドたちが、あなたが癒しの道を進むサポートをしているからです。
熱心に瞑想やヨガ教室に通う、健康的な食事に切り替える、ヒーラーのセッションを受ける、パワースポットを訪れるなど、あなたの癒しに必要なことへ導かれます。

この扉を開いたばかりの頃は、自分の心の傷、古い過去の感情の手放し、ネガティブなパターンの変容など、自分の過去と向き合うことが多くなります。
この過程は、苦労の多い家庭、幼少期の親との問題(毒親など)、両親との別れ、災害、深い傷となるトラブルなどを抱えている人ほど、傷を癒す時間が長くなります。
それだけ、あなたが大変な思いをして今まで生きてきて、その傷が悲鳴をあげているからです。
傷の大きさ、深さは人それぞれですし、それを癒すのに必要な時間も人それぞれです。

そして、過去の傷が癒やされていくと次のステージがやってきます。
より愛へと成長していく過程です。
愛への進化は、人生を通して繰り返されるステージで、あなたがワンネスへと還っていくまで続きます。
とんでもない長い旅で、その長旅の途中に地球にやってきています。
まさに、今も、より愛へと成長しようと旅をしている最中です。
その中で、傷を癒す必要がある時もあれば、愛に輝くために成長する時もある。
傷を癒して成長したはずなのに、また傷がある!また癒し!?と繰り返されるのは、私たちがより愛へと成長しようとしているからです。

癒しの扉をくぐると、次々といろんな問題がやってくるように感じる時があります。
それだけ、あなたが急成長し、螺旋階段を駆け上ろうとしているからです。
もちろんゆっくり進んでもいいんです。
急ぐ必要はありません。
あなたのペースで、癒しの道を進んでいきましょう。
そして、その道のりは、あなたが想像しているよりも長いかもしれませんが、辛く苦しい修行ではありません。
魂がワクワクし、喜ぶ道を楽しみながら進めるように、ガイドたちがあなたを導いています。
過去の傷を癒している段階の時、また癒し、また癒し・・・と出口が見えずめげそうになってしまうかもしれません。
もし、癒しにウンザリしそうなら、少し休憩しましょう。
愛への成長のステージへと切り替わると、次の癒しや問題が現れても、あぁ、また成長の時がきた!と余裕が持てるようになっています。

多くの人が過去の傷を癒す段階で歩みを止めてしまいます。
癒したのに!手放したのに!まだあるの!?と嘆いているのなら、ある意味とてもいい兆しです。
あなたはちゃんと進んでいる証拠ですから。
ここで止まってしまうと、人生もストップしてしまいます。
過去の傷が癒やされていくと、生きやすく、心が軽くなり、愛や喜びを感じることがどんどん増えていきます。
だから、ちょっと休憩して、また歩き出しましょう。

RIRI

関連記事

  1. ゆるすということは、過去の出来事から自分を解放してあげること

  2. 自分を癒している時、体にいろんな反応が出る

  3. 断捨離ができない人の内面にある共通のパターン

  4. 過去の古い感情を解放して、新しいポジティブな感情を手に入れよう!

  5. 家電が壊れるのは人生の変化のサイン!

  6. 【愛のレッスン2】ゆるしは幸せへの鍵 愛に還ること

  7. 親から受けたネガティブな影響は変えることができる

  8. オーラを浄化して安らぎを手に入れよう

最近の記事

  1. 第3チャクラ 個人セッション

おすすめのセッション

マクラメアクセサリー

Atelier RIRI メルマガを購読する