魂の願いを叶えることで心が満たされる

私たちが心から喜びを感じる時、私たちは魂の願いを叶えています。
魂の願いは楽しいことばかりではありませんし、使命のような大きなことだけではありません。
ほとんどの願いは、日常生活の中にある当たり前のようなことです。
ケーキが食べたい、家族と過ごしたい、遊びたい、物作りをしたい、旅行に行きたい、休みたい、なにもしたくない、掃除したくない、やめたい、疲れた、という当たり前のことの中に、魂の願いが含まれています。

 

 

どんなに楽しいこと、友達や家族と笑い、大きなことを成し遂げたとしても、それがあなたの魂の願っていることでないと、心からの喜びを感じられません。
楽しいけれど、心が笑っていないような感じです。
心に穴があいたような虚しさを感じることもあります。
進んでいるようで、進んでいない感覚、うまくいっているようで、いっていないような感覚もあるでしょう。

心が満たされるような喜びや愛を感じる時、私たちは魂が願っていることを叶えてあげています。
魂が欲しいと思っているものを買ってあげれば、魂は喜び、満足しますし、大切にします。
魂がやりたいことをやっている時、ワクワクし、夢中になり、どんな結果であれ満足感があります。
もっとやろう、もっと上手くなろうという向上心が生まれます。
体や心が疲れている時や人生に休憩が必要な時も魂は素直にそれを伝えます。
魂の声に従って、休むことを自分に与えてあげると、回復が早く、心が満たされ、活気が戻ってきます。

同じように私たちの人生が進み出すのも、魂の願いを叶えている時です。
魂の声を聞き、それを実践していく。
どんな小さなことでも叶えていく。
それを繰り返していく道が、魂の道であり、あなたが生まれてきた目的、カルマや使命を果たしながら、魂が喜び、人生に調和がやってきます。
私たちは生まれてくる時に、魂の記憶や生まれてくる目的、計画をすっかり忘れてしまっていますが、魂は覚えています。
魂は、私たちに「こっちだよ」「これをやろうよ」と語りかけています。
道から大きく外れれば「そっちじゃないよ」、違う選択をすれば「それは嫌だよ」と語りかけています。

休みの日、寝る前、湯船でリラックスしている時など、魂の声を聞く時間を持ちましょう。
そして、できることから1つ1つ魂の願いを叶えていきましょう。

RIRI

関連記事

  1. 強く思っていることが現実に具現化されている

  2. 霊的なステップ7「自分を愛する」

  3. インディゴスピリチュアルチャンネル

    インディゴが「インディゴチルドレンの10の特徴」を解説

  4. ワクワクすることに夢中になれば魂は磨かれ輝きだす

  5. カルマは背負うものではなく、魂の調和のためにある

  6. 願い事の書き方

    絶対叶う!願い事の書き方 3ステップ

  7. 願い事だけでなく、目の前にあることもコミットしてみよう!

  8. 霊的な進化 ステップ4「学びながら自分を癒しはじめる」

最近の記事

おすすめ記事 TOSHA記事
  1. Atelier RIRI SESSION
  1. 平和 ハト
  2. 光の都市

Atelier RIRI メルマガを購読する