宇宙との交流  

いくつかの宇宙文明が地球と交流するために、本格的な準備を始め出したのを感じる。
この地球で起こりうる未来であり、パラレルワールドとして進化していった地球で起こる未来のようでもある。
この地球であって、この地球ではない可能性。
今、地球があらゆる方向へと進み出しているのがわかる。
大きな分岐点。
宇宙と交流する地球には、争いという概念がほとんどなく、差別や批判というようなものもない。
宇宙の文明には、この地球上にはないものと関わらなければならない。
その時に、見た目、文明の違い、進化した技術などあらゆるものに触れる。
それらを歓迎する心を持てなければ、宇宙との扉は開かれない。
私たちが得意とする表面だけの挨拶や受け入れるやり方は通用しない。
テレパシーを使う人々に、表面だけの言葉は通じない。
本音が伝わってしまうから。
それをどこかでわかっているから、テレパシーを悪だ、インチキだと否定する。
本音を知られたらまずいと思っている。
隠そう、隠そうとしているうちは、テレパシーが使えるようにならないだろうし、進化もしていかない。
愛へと進化していくには、隠し事、裏腹なことができなくなる。
自分にあるものが、あるがままに現れるようになるから。
今の地球を見渡すと、まだまだ宇宙と頻繁にコミュニケーションがとれ、宇宙文明を旅し合うような関係はずっと先。
いつになるだろう。
でも、進み出している地球もある。
私はその地球に生きたい。
もともと宇宙からやってきたから、宇宙との交流は当たり前の感覚があって、お祭り騒ぎしようとは思わない。
やっとここに戻るのか。という感覚すらある。
そのくらいあらゆる宇宙では文明が交流している。
どんな文明があったのか。
なかなか思い出せない。
たまに思い出す宇宙船での記憶くらいだ。
私の魂は、そろそろ宇宙へ旅立つことを望んでいる。
しかし、この地球もなんだかんだ好き。
宇宙と地球が行き来できるようになったら。
私はどちらかを選ぶ必要がなくなる。

RIRI

関連記事

  1. あ!地球の波動が上がった!! 〜地球のアセンション〜

  2. できそこないマーブル模様の石けん

  3. のんびり夏休み

  4. 今年も魂の旅カミーノを歩いているはずだった…

  5. 創作活動が楽しい!マクラメアクセサリー

最近の記事

おすすめ記事 TOSHA記事
  1. 天使
  2. オーロラ ヒーリング
  1. ロータス

Atelier RIRI メルマガを購読する