「懐かしい思い出いっぱいの新しい旅へ」サンティアゴ巡礼[ムシア・フィニステーレ]40日目

昨日も24時までオヘリと飲んでいたので、6時出発予定が7時出発に。
早朝から出発するよ!なんて言っていたのに、5時になんて起きれなくて、6時起きがやっとだった。
30kmと長旅だけど、アルベルゲの予約もしているし、歩いたことがある道だからゆっくり行くとしよう。
そんなハードな道じゃなかったし・・・って記憶は裏切られ、あれ?アップダウンの山道だったっけ?
思いがけないハードさびっくりしながら歩いている。

もっとびっくりするのは、ベビーカーで子供を連れて歩いている家族だった。
家族巡礼はたくさんいるけれど、さすがにベビーカーに乗るような小さな子供を連れているのは初めてだった。
このじゃり道のアップダウンをベビーカーを押しながら・・・。
犬と一緒に巡礼、馬に乗って巡礼、テントやハンモック、野宿の巡礼、裸足で巡礼する人、フランスの自宅から歩いてきた人もいたけれど、ベビーカーは初めて見た!
巡礼のスタイルは自由だけど、驚かされる巡礼者に必ず出会い、できないことはないんだ!と新しい思考に書き換えられる。

ムシア・フィニステーレまでの道は、旅の最後はフィニステーレって感じがするので、ムシアに行ってからフィニステーレに行く、前回とまったく同じコースにした。

朝から飲まず食わずで歩き始めたので、最初のカフェでゆっくり朝食を。
ジャムとバターのトーストを頼んだつもりが、生ハムのトーストが出てきた。
え!?
甘ったるいジャムが食べたかったんだけど・・・ま、いっか。
こういう時、単語だけでもスペイン語を覚えておけばよかったと思う瞬間。
だけど、この生ハムが美味しいんだよ。

昨日の夜更かしで寝不足だったので、アルベルゲでペリグリーノメヌーを食べる気になれなかった。
ディナーの時間には寝たかったので、一つ前の町のスーパーでちょっとした食料を買っていくも、途中で疲れてフルーツを食べてしまう。
今日泊まるアルベルゲは2軒並んで建っていて、前回の隣のアルベルゲを選んだ。
だけど、思い出のある前回のアルベルゲにあるカフェには立ち寄りたく、ビールと夕飯がわりのピンチョスをつまみに出かけた。
いろいろ話しかけてくれるので、実は4年前にここに泊まった思い出があるって話したら、2軒とも自分がオーナーなんだと。
な〜んだ!どっちを予約しても一緒なのね。
明日のカフェのオープンの時間を聞いて、アルベルゲに戻りゆっくり寝ることにした。

Santiago de Compostela – A Penna 29km
Rectoral San Madede da Pena Hostel 17€
59269歩

Buen Camino!!
RIRI

関連Blog:サンティアゴ巡礼について
サンティアゴ巡礼フランス人の道2019
サンティアゴ巡礼北の道2023

created by Rinker
Cicerone Press
¥3,444 (2024/06/19 03:43:05時点 Amazon調べ-詳細)
サンティアゴ巡礼 北の道、プリミティーボ、フィニステーレのガイドブック

関連記事

  1. サンティアゴ 巡礼へ旅立つ

  2. 「あっという間に時が過ぎ去ったビーチ」サンティアゴ巡礼[北の道]19日…

  3. 「大好きな巡礼仲間たちとのお別れ」サンティアゴ巡礼[北の道]26日目

  4. 「心が蝕まれた日」サンティアゴ 巡礼[北の道]3日目

  5. 「早くもアルベルゲ争奪戦」サンティアゴ 巡礼[北の道]2日目

  6. 「ワープで心が晴れた日」サンティアゴ巡礼[北の道]4日目

  7. 「思い出のアルベルゲに連泊」サンティアゴ巡礼[北の道]35日目・36日…

  8. 「2回目の巡礼の旅がはじまった」サンティアゴ 巡礼[北の道]1日目

最近の記事

  1. 第4チャクラ 個人セッション

おすすめのセッション

マクラメアクセサリー

Atelier RIRI メルマガを購読する