インナーチャイルドと仲良くなる方法

私たちの助けを求めているインナーチャイルドは、過去の経験の中で傷ついたり、我慢をしたり、諦めてしまったり、拗ねていたりしています。
初めて出会うインナーチャイルドの中には、なにも話してくれず、心を開いてくれない場合があります。
拗ねてしまったインナーチャイルド、諦めてしまったインナーチャイルドは、何度も会いに行き、少しずつ仲良くなる必要があるかもしれません。
会話ができても、そっけない返事だったり、なかなか会話が弾まなかったり、何を話したらいいのかわからなかったりするかもしれません。
インナーチャイルドの状態によって、臨機応変に対応をしてあげなければなりませんが、まず、最初に取り組むことは、インナーチャイルドと仲良くなることです。
お友達のように心を開いて話ができなければ、インナーチャイルドの本音を知ることができません。
その子がどんな悩みを抱えているのか、なぜ、そのような状態でそこにいるのか、本当は何を求めているのか、インナーチャイルドを癒してあげるためには、心を開いてもらい、少し深い会話ができるようにならなければなりません。
そのために、インナーチャイルドと仲良くなっていく。

では、どうやってインナーチャイルドと仲良くなったらいいのだろうか?

まずは、会いにいくことです。
1〜2回会いに行って終わりではなく、しばらく定期的に会いに行ってあげて下さい。
インナーチャイルドは、傷ついたままの状態で置き去りにされた、忘れ去られた、そのまま放って置かれた子どもです。
助けて欲しくてSOSを何度も出していたけれど、長い間誰も助けに来てくれなかった状態です。
その子からすると、たまたま1回会いにきただけでは、「またすぐ来なくなる」「また無視される」「どうせ助けてくれない」という感じで、信頼してくれない可能性がとても高いです。
その子と仲良くなり、信頼してもらうためには、何度も会いに行き、『もう見捨てないよ!』『本当に助けたいんだ!』『仲良くなりたいんだ』という証明をしていく必要があるでしょう。
インナーチャイルドとお話ができなくとも、あなたが会いに行き、声をかけるだけで大丈夫です。
隣に座っているだけでも、ハグをしてあげるだけでも、インナーチャイルドは、あなたが会いにきてくれていることはちゃんとわかっています。
それを繰り返してみて下さい。

そして、仲良くなるポイントは、インナーチャイルドはあなた自身だということです。
いじけかたも、拗ねかたも、腹の立て方も、許さない!と意地を張るやり方も、まるであなたとそっくりだということです。
自分だったら、どんな扱いをしてもらったら心を許そうと思うのか、どんな声をかけてくれたら、どんなことをしてくれたら仲良くなろうと思うのか。
あなたがしてもらいたいことをインナーチャイルドにしてあげて下さい。
また、子どものインナーチャイルドは、とても敏感だということも知っておいて下さい。
子どもは、大人の言葉の裏にあるエネルギーをちゃんと読み取っています。
口先だけだったり、思ってもいないことを言ったり、とりあえず褒めたりしても、インナーチャイルドは、それをすぐに見抜きますので、インナーチャイルドによっては関係が悪化してしまいます。
仲良くならなきゃ!と焦らず、誠実にインナーチャイルドと向き合ってあげて下さい。

インナーチャイルドに会うたびに、愛のこもったお花をあげてみましょう!
あなたがあげたい!と思うギフトをあげるのもいいのですが、愛のこもったお花をあげるのはとても効果的です。
純粋な愛のギフトは、インナーチャイルドの心をほぐし、喜びを与えてくれます。
仲良くなりたくて、あれこれギフトをあげたとしても、それがわざとらしければ、インナーチャイルドはすぐに見抜き、あなたへ不信感を抱いてしまいます。
それを防ぐために、愛をこめてお花を1輪あげてみてください。
愛は万物です。
インナーチャイルドが求めているものに変容してくれます。

RIRI

関連記事

  1. 我慢してきた苦しみのエネルギーを癒す

  2. 自分を感じられない人のエネルギー状態

  3. 急に色褪せたり、劣化するもの 〜断捨離をしよう〜

  4. ゆっくり休んで、思考も感情もデトックス!

  5. はじめて会うインナーチャイルドは、いじけて話してくれないことが多い

  6. Ka(カー)経路を開くと、新しいステージへ上っていく

  7. 自分だけの魂のノートを作ろう

  8. 疲れが取れないと感じたら、寝室を浄化し安らぎのエネルギーに調整しよう!…

最近の記事

  1. 涅槃仏 ワットポー
  2. ワットアルン
おすすめ記事 人気記事
  1. 第1チャクラ 個人セッション

Atelier RIRI メルマガを購読する