あなたのインナーチャイルドはひとりではない!

セッションをするたびにインナーチャイルドのワークが組み込まれると言ってもいいほど、インナーチャイルドの癒しが必要としている人たちが沢山います。
きっと「この前もこのワークやったなぁ〜」と思うことがあるかもしれません。
私自身も自分を癒す時に、何度も何度も「インナーチャイルドを癒してあげましょう」というメッセージを貰い、「またですか!?」と言いながら(笑)インナーチャイルドのワークをしました。

なぜ、何度も何度もインナーチャイルドを癒す必要があるのだろうか?

その答えは、あなたのインナーチャイルドはひとりではないからです。

私たちが大人になるまでの間に、誰もが傷つくような出来事を何度も体験します。
何もなく大人になれる人はいません。
小さな傷もあれば、トラウマのような深い傷になる場合もあるし、その時にちゃんと癒してあげているものもあれば、傷ついたまま放置されてしまっている傷もあります。
その傷ついたままになってしまっている小さな子供がインナーチャイルドです。

とくに幼少期から青年期あたりの傷は、自己防衛本能からすっかり忘れる、起きたことを少しすり替える、自分が悪かったんだと思い込んだり、諦めたりしてしまっています。
そのため、本当は深く傷ついていた、我慢をしていた小さなあなた(インナーチャイルド)が、あなたの中に放置されています。
大人の私たちにとって大したことじゃないことでも、小さな子供にとっては大きな傷になることは沢山あります。
生きていくために、子供ながらに必死に自分を守った結果、傷ついたままのインナーチャイルドができてしまっています。
それがひとりだけということはありません。
なぜなら、私たちは大人になるまでの長い道のりの中で、何度も傷つく体験をするからです。
そして、その傷によって、インナーチャイルドの状況によって、あなた自身の状態によって、インナーチャイルドを癒すのに、何度もワークを重ねる必要がある時があります。

インナーチャイルドの癒しは、レンジでチンとするようにはいきません。
傷ついた小さなあなた(インナーチャイルド)が安心し、心を開き、癒されるまで、大人のわたしたちは何度も付き合ってあげる必要があります。
かわいいあなたですから。
忍耐強く、そして、優しく抱きしめてあげましょう。

RIRI

関連記事

  1. 自分と一緒にいてあげること

  2. 我慢してきた苦しみのエネルギーを癒す

  3. 光を使いこなせるようになろう! 〜ヒーリングの基本テクニック〜

  4. 人生のステージが変わる5つのサイン

  5. 何度も手放しても変わらない6つの理由

  6. 自分をたくさんほめて、愛されるあなたになろう!

  7. 自分を癒している時、体にいろんな反応が出る

  8. 癒しは、頭ではなくハートで

最近の記事

  1. 第1チャクラ 個人セッション

おすすめのセッション

マクラメアクセサリー

Atelier RIRI メルマガを購読する