自分を癒している時、体にいろんな反応が出る

私たちの体にはいろんなメッセージがあります。
痛みのある部分やコリのある部分に手を当てて、静かに体から伝わってくる声に耳をかて向けてみてください。
そこから伝わってくることを、ありのままに聞いてみてください。
あなたがあまりにも当たり前に抱いていることかもしれませんし、長年ずっと抑圧してきたことかもしれません。
自分を癒し始めると、気がつかなかった部分に気がつくようになります。
意識しなければ、ただのコリだったかもしれないけれど、それを癒やそうとすると体が反応をします。
喜ばしい変化をしようとしていたとしても、自分の中には古いパターンを続けたい自分がいたり、やめることや変わることへの恐れ、変わりたくない自分がいたりします。
そんな自分がざわざわと騒ぎ出すので、思いがけない部分が痛み出したり、一時的に痛みが増したりすることがあります。
意識を向けたからこそ、その痛みを感じることもありますが、大抵の場合、それだけ我慢をし、痛みすら感じないように生きていた証拠です。
体に出た反応を悪いものだ!としないで、その部分にあるメッセージを聞いてみるようにしてみて下さい。

自分を癒す!と決めたり、癒すのプロセスを歩き始めると、いつもなら気にならなかった部分、慢性的なコリや痛みであきらめていた部分に何らかの反応が起こります。
私がヒーリングスクール(ドルフィンスターテンプルミステリースクール)に通っていた時は、前日や当日の朝にどんより気分が落ち込んだり、体調を崩したり、感情の波が荒くなったり、首が回らなくなったり、体の痛みや肌荒れが起こったりいろんなことが起こりました。
そのどれもが、スクールで解放することと繋がっていました。
体のトラブルにもケアをしてあげますが、その原因となっている問題を解放した時に、瞬く間にその症状がよくなっていきます。
心と体って繋がっているんだな!ということを何度も何度も体験しました。
そして、体の声を聞いてあげることは、自分を癒すプロセスを助けてくれます。
いろんな自分に気がつきだし、自分の体をいたわり、愛するようになっていきます。
日頃から自分の体の声を聞いてあげること、それは自分を大切にしてあげることに繋がっていると学びました。

RIRI

ゴールドヒーリング&リーディング スクール
スピリチュアル個人セッション

関連記事

  1. 【誘導瞑想】肩こり解消 〜背負っている重荷をおろそう〜

  2. 霊的な進化 ステップ4「学びながら自分を癒しはじめる」

  3. はじめて会うインナーチャイルドは、いじけて話してくれないことが多い

  4. 過去の古い感情を解放して、新しいポジティブな感情を手に入れよう!

  5. コロナが終息した後に広がるパラレルワールド

  6. ゆっくり休んで、思考も感情もデトックス!

  7. 過去世はいくつあるの?過去世を思い出すことはできるの?

  8. アシュタール テリーサイモン

    アシュタール 旅の導き

最近の記事

  1. 涅槃仏 ワットポー
  2. ワットアルン
おすすめ記事 人気記事
  1. チャクラ
  2. 第1チャクラ 個人セッション

Atelier RIRI メルマガを購読する