やっと私の旅が本格化した日 11日目 – サンティアゴ巡礼

相変わらずロリと一緒に進んでいるが、ロリは次の町がいいと言うので、私はこれ以上歩かないと断る。
一緒にスタートしたけど、ものすごい速さで視界から消えさる。
私は、早くゴールすることが今回の目的ではない!と何度も自分に言い聞かす。
ロリに断ったことが正しいことの承認欲求。
この感情と格闘しながら歩き、山の頂上でバナナを食べエネルギー補給と休憩していたら、消えたはずのロリが後ろからやって来た!
爆笑。
なんで私の後から来るの!?

昨日、キャスティーンとなぜカミーノ に来たのか?を話した。
キャスティーンは、27才と23才の息子がいて、子育てからの休息に来たんだって。
自分の時間を持ちに。
私は、理由を話す準備なんてできてなかった。
全てが上手くいかないこの全てを捨てたかったのだ。
この道で。
カミーノを知った10年前も、今も。
だから、ここからは私の足で歩かないと。
ロリに頼っていてはダメ。
コーヒーも頼めるし、野菜の買い方も、スーパーへの行き方も1人で出来るようになった。
ロリのありがたきサポートに感謝。

時々会うインドの女神。
裸足で巡礼をしている。
彼女を見る度に、初期の頃の巡礼の姿が目に浮かぶ。
きっと、藁草履や素足でカミーノを歩いていたのだろう。
私の最初の巡礼の記憶もちらちらする。
彼女の歩く姿は、多くの人の心を揺さぶり、なにか懐かしい記憶を蘇られているに違いない。
女神のペリグリーノだ。

町に着いたらフェスティバル中。
300メートルくらいしかない町なのに、どこからか人が湧いて出てきてる。
バルの前の大量なビールの空き瓶。
生歌に踊る町の人々。
シエスタになったら、ピタッと終わり誰も居なくなる。
すげーなシエスタ!

静まりかえった広場で書き物していると、
ペリグリーノみんなに声かけながらキム登場!
まるで優勝したスポーツ選手のように。
大歓声(?)の中、キムのインタビューを。
「いやー。今日は、全部歩ききったよ!オレは見事にやりきった!はじめての完歩さ。この素晴らしき栄光に祝福を!!バックサービス使ったけどね」
と韓国語で素晴らしき自分アピールしながら、目の前のアルベルゲへ向かう。

書き物がひと段落し、アルベルゲに戻ると受付けの人を困らせているキム!
爆笑
どうしたの?って聞くと、wifiが繋がらないんだと。
設定の仕方を教えたのに繋がらないのは知らんわーって、受付の人も困り果てている。
なんせ、キムは英語を話してるつもりだけど、英語はWi-Fi だけで、あと韓国語だもん。
おまけにスペイン語しか話せない受付の人に。
私がキムのiPadをポチって押したら繋がった。
サンキュー!サンキュー!
キムご機嫌。
受付の人はせーせーした顔してる。
マジウケる。キム最高!

久しぶりのメヌー9€。
給食のような、、、やつよ。コレ。
私の昨日のペンネの方が100倍美味しい!と嘆きながら食べるブヨブヨのペンネ。
くーーーー!
美味しいメヌーはどこだー!
硬いパンをコンコンとノックしてみてダメだこりゃ。
Buen Camino!!!

関連記事

  1. 再びひとり旅 5日目

  2. 早くも記録更新。昨日より楽だったなんておかしいわ! 8日目

  3. 日本人の友達と歩くカミーノ ! 3日目

  4. トトロみた〜い!歩こう歩こう私は元気♪ 2日目 – サンテ…

  5. プール付きアルベルゲがあるなんて!! 10日目 – サンテ…

  6. 人生で1番歩いた日。マジ足が痛すぎる 7日目

  7. ピレネー山脈を越えてスペインへ 1日目 サンティアゴ巡礼

  8. ワインが飲める巡礼の名所 イラーチェへ 6日目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事 TOSHA記事
  1. 好転反応
  2. サンティアゴ巡礼 聖地ヒーリング
  3. リーディング
  4. ブロック解消ヒーリング
  1. 光の都市
  2. 冬至のメッセージ
  3. 春分のメッセージ 新しいはじまり
  4. 運命 使命
  5. コスモス

Atelier RIRI メルマガを購読する