ハイヤーセルフと出会いはじめた頃にやっていたこと

私がハイヤーセルフと出会いはじめた頃の体験ややっていたことを紹介します。
10年以上前のことなので、遠い記憶を辿りながら(笑)
瞑想会などで、いろいろ質問してもらえると、思い出すことがいくつもあると思います。

私の場合、ハイヤーセルフと出会うことよりも、サイキックスポンジ体質をなんとかしたかった方が強かったので、とにかく「浄化」することを毎日やっていました。
レイキを使ってヒーリングしたり、オリジナルで色を使ったヒーリングを試してみたり。
直感的に、こうやってみよう、ああやってみようって感じで、伝わってきたことをいろいろ自分に試していました。
スピリチュアルな本に載っていたことは、ひたすら試していましたね。
素人ながらも、サイキックなことが得意だったので助かりました。

部屋を浄化することも頻繁にやっていました。
部屋の掃除、換気、セージを使って部屋中を浄化する、アロマをデュフューズ、盛り塩、風水を活用、ハーブを育てるなど、空気を綺麗にすることを徹底していました。
これらは、今でも続けていることばかりで、ハイヤーセルフと出会う環境づくり、自分を癒したり、心を開く空間作りにとても役立っています。

自分なりにできることをやっている間に、少しずつ自分の波動が上がり、ハイヤーセルフのガイダンスを受け取ることが増えていったように思います。
今でもチャネリングやリーディング(エネルギーを読むこと)が得意なんですが、この頃からそれがあったんだと思います。
この頃、ハイヤーセルフの姿が見えたことはありませんでしたが、メッセージは受け取っていました。
ハイヤーセルフが何度も何度も私に同じメッセージを伝え続けたことがありました。
「タバコをやめなさい」と。
数ヶ月経った頃かな、
ふと、
あ、これで辞められるって思えた時があって、それ以来ピタッと吸いたい気持ちがなくなりました。

ハイヤーセルフが見事だったのは、タバコをやめて少し経った頃に、アモラが来日し、ワークショップがあることを知りました。
(アモラのワークショップ、ドルフィンスターテンプルは完全禁煙者しか受講できません)
これが逆だったら、私は禁煙ができただろうか。
ヘビースモーカーでしたから(苦笑)
今でも見事なタイミングで、私が本格的にスピリチュアルを学び、なによりも、自分と向き合い、自分を徹底的に癒す道へと導いてくれました。

アモラのワークショップに参加するのもあって、生活用品も変えていきました。
アモラは、重度のアレルギーがあったので、ワークショップ参加には、化学成分の強いシャンプー、ボディーソープ、洗剤などの使用を1ヶ月前から不可、当日メイクもNGという規定がありました。
石鹸で髪の毛を洗ってバリバリになって(笑)、洋服は重曹で洗っていました。
ワークショップ後に、シャンプーはオーガニック系のものに変えましたが、洋服は長年重曹で洗っていました。
一般の洗濯洗剤で洗った洋服の香りが強すぎ、ビリビリ痺れを感じるようになったからです。
この頃からレンジを使うのもやめていますね。

本格的にスピリチュアルなスキルを学ぶ前に、私なりにいろんなことを変えていたんだと思います。
ハイヤーセルフから受け取ったガイダンスをこなすことで、次のガイダンスを貰っていました。
こなさなくてもガイダンスは貰えますが、同じようなメッセージが繰り返されるんです。
人生が進まなければ、もらうメッセージもクルクル同じようなところを繰り返すだけというのも学びました。

RIRI

関連記事

  1. なんでも否定的に捉えてしまう、すぐに否定してしまうパターンを改善する

  2. RIRI’s本棚 〜愛に関する本〜

  3. 自分を愛するのが苦手な人は、あるがままの自分を受け入れる練習をしよう!…

  4. サイキックスポンジ体質を改善するためにやったこと

  5. インディゴスピリチュアルチャンネル

    インディゴが「インディゴチルドレンの10の特徴」を解説

最近の記事

おすすめ記事 TOSHA記事
  1. 道 選択
  2. Camino
  3. 青空と太陽の光
  4. 節分「鬼外福内」

Atelier RIRI メルマガを購読する