サンジャンピエドポー 巡礼事務所前

フランス人の道スタートの町 サンジャンピエドポー到着!!- カミーノ0日目

サンティアゴ巡礼 フランス人の道の出発の町、サン ジャン ピエ ド ポーへ向かう。
フランスとスペインの国境付近にある小さな町。
巡礼に行こうとする者からすれば、スタートの町というだけで憧れの町になる。
行き方を調べると、パリから長時間電車に揺られてようやくたどり着くみたい。
フランスのど田舎だよ。
絶対!

中国国際航空
飛行機の窓から

中国国際航空で成田から上海、上海からパリへ。
パリに着くまで、ずっと中国人と間違えられて中国語で話しかけられ続けられてた。
日本でもよく間違えられていたけど。

いやー。
飛行機は子供の泣き声やら、
深夜なんて関係なく大きな声で喋るし、
動画をイヤホンなしで観てる隣の人とか。
中国人スゴイわ!
早くもうるさくても寝る試練か!!って感じだった。
巡礼が始まったらイビキが鳴り響く中で寝なきゃいけないから、まさにその予行練習みたいな飛行機の中。
前日にマッサージを受けたからか、疲労が流れ出て、試練もなにもほとんど寝て過ごしてしまったんだけど。
ワインもビールも飲む気が起こらず。
オカシイ!!

フランス SNCF
フランス SNCF (パリ〜バイヨンヌ)

空港からバスでパリの中心部へ移動。
バス停から駅が見えず、見知らぬ人に駅どこ〜!ってカタコトの英語で聞いてみる。
とっても親切に教えてくれた通りに進んで、電車に乗り込む。
SNCFでは、可愛らしいおばぁちゃまのとなり。
窓際の席でラッキー!景色を楽しめると喜ぶも、永遠に続くグリーンとたまにある村。
変わらぬ景色に寝る(笑)
1番気になったのは、おばぁちゃまの読んでる「シークレット ラブ」小説よ!
短編シークレットラブが5作の本らしいよ。
内容が不倫ラブしか思い浮かばない私。

BAYONNE バイヨンヌ駅
フランス バイヨンヌ駅

4時間近く電車に揺られ、ようやく着いたバイヨンヌ駅。
あともう少しだ!!
ここまで来ると、バックパックを背負った巡礼仲間がたくさん。
おー!心強い。
着いていく作戦で行けるじゃん!
ってみんなキョロキョロしてるし。
ここからローカル線に乗って、サン ジャン ピエ ド ポーまで行くんだけど、どうなっているんだ?
ってみんな同じ思いっぽく、とりあえず流れに着いて行ってみる。
バイヨンヌまでの切符しか買ってないし、とりあえず切符を買おう!
自販機を見てもよくわからないから窓口へ向かうと、3人組のおじさんと駅員さんに「サン ジャン ピエ ド ポーに行くの?」と聞かれたので「Yes」と答える。
どうやら5枚切符が安くなるらしく、あと2人募集中だったよう。
私の後に韓国の男性が現れ、キミも!?ってことで5人組が誕生し、めでたく5枚切符を購入した。
いくら安くなったか知らないけど(笑)
なんだか巡礼仲間ができた気分。

サンジャンピエドポー駅
サンジャンピエドポー駅

ビヨンヌから1時間ほど、巡礼者しかいない電車にゆられ、ようやくたどり着いたサン ジャン ピテ ド ポー。
うわーーーー!やっと着いたよー!
ワクワク感が満ち溢れる。
5人組のひとり、韓国人のキムと一緒に、クレデンシアル(巡礼手帳)を発行してもらいに巡礼事務所へ向かう。
たくさんの人が巡礼事務所へ歩いていくので迷うことはない。
10分ほど歩くと巡礼事務所に着き、パスポートを見せ、名前、住所などを記入し、クレデンシャルを発行してもらう。
最初のスタンプは、私と事務員さんと一緒に。
なんだか感動のスタンプ。
涙が出そう。
まだはじまりなのに。
巡礼者のホタテ貝も買って、私にとって初めてのカミーノ仲間のキムともいったんお別れ。

サンジャンピエドポー アルベルゲ
サンジャンピエドポー アルベルゲ SUR LE CHEMIN AU CHANT DU COQ

次はアルベルゲ探し。
50mほど歩いて、戻って、もうここでいい。
何を基準に選んでいいかもわかんないし、初日からアルベルゲ難になりたくない。
10€なんてこの町で格安。
初日から宿に贅沢してはならん!
今日の贅沢はメヌーなんだから(笑)
フランス語で何言ってるかわからん説明を聞いて。
そんなやりとりの最中に、クリスティーナ(宿主)と揉めた子が追い出され。
早くもトラブルを見学(人ごと)
どうやら、ここは私の家だから私のルールを従えと。
神経質そうなクリスティーナってことで、シャワー浴びるのも、タオル干す
も、食事に出かけるも、一声かける。
あとは、門限と朝の出発を守ればいいかな?
従う限りめっちゃ歓迎される。

サンジャンピエドポー スパイス屋さん
サンジャンピエドポー スパイス屋さん

アルベルゲも確保できたし、長旅のどろどろ感も洗い流したし、ぷらっと町探索でしょ!
ハーブ、ドライフルーツ、香辛料などのお店にうっとりし。
旅のお供に帆立貝の形をしたピアスを買う。
これからお世話になるだろう初メヌーを食べて。
今日はアルベルゲでゆっくりしまーす。
いやー。
とにかく長いわ。
スタートまでが、、、。

Buen Camino!!

RIRI

関連記事

  1. 言葉にできない不甲斐ない自分と共に – カミーノ16日目

  2. 小さな願いが1つ1つ叶えられている日々 – カミーノ33日…

  3. カミーノ ピレネー山脈

    ピレネー山脈を越えてスペインへ – カミーノ1日目

  4. 久しぶりに旅仲間と歩くカミーノで心から笑う – カミーノ1…

  5. Camino Castrojeriz

    出会い、別れ、再開を繰り返しながら歩いていく – カミーノ…

  6. 背中の痛みを抱えながらも心は弾むひとり旅 – カミーノ23…

  7. Camino RIOJA BODEGAS ALVIA

    早くも記録更新。昨日よりラクだったなんておかしいわ! – …

  8. Camino Torres del Rio ワイン畑

    人生で1番歩いた日 マジ足が痛すぎる! – カミーノ7日目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. オーラの浄化 ヒーリングスクール
  2. オーロラ 波動
おすすめ記事 TOSHA記事
  1. 癒しとは
  2. リーディング
  3. オーロラ 波動
  4. 天使
  1. 桜
  2. 運命 使命

Atelier RIRI メルマガを購読する