Camino Alto del Perdón

ソムリエナイフGET!はやくも呑んだくれ – カミーノ4日目

日本人2人とハンガリアン1人のチームジャパン?が編成され歩き始める。
ゆっくりの私、ちょーゆっくりのサオリ、やたら早いロリ。
大丈夫か!この組み合わせ(笑)

カタコトの日本語と単語だけの英語でコミュニケーション取りながら、ロリのリードで進む。
登り坂のたびに、私とサオリのペースがのろのろに。
下り坂のたびに、私とサオリのペースがのろのろに。
おーーい!
ほとんどのろのろかーい!!

Camino ハート
Camino 石のハート

初日ほどではないが、アップダウンの道のり。
体は、筋肉痛や痛みが残っている。
心の疲労はないが、体の疲労は蓄積中。

休憩スポットを見つけては、休みたいとアピール。
歩いて、休憩して、歩いて、休憩しての繰り返し。

今日はカミーノの名所ペルドン岬を超える。
「ペルドン」とは「許し」という意味で、「巡礼者の怒りや悲しみ、しがらみを手放す道」と言われている。
悪魔が巡礼者の信仰を試すという伝説もあるらしい。
思いっきり吸って、思いっきり吐いて登り続けるペルドン峠。
新鮮な空気が心も体も浄化してくれる。
確かに峠を登っているだけで、日本でしがみついていたくだらない感情や思考が洗い流され、ただただ今ここを必死に歩いている自分だけが残る。
やっとの思いでたどり着いたペルドン峠の頂上には、お馴染みの撮影スポットが!
ささやかな達成感を味わいながら、私も1枚写真を撮る。

やっとの思いで登った峠を下ったら、地平線に見えるのは峠の頂上にあった風車。
え〜〜〜!
こんなにも歩いたの!?
っていうか歩いてこんなにも景色が変わるものなの!?
カミーノを歩き始めてから毎日大自然の地平線を見ている。
なんて贅沢日々なんだろう。
幸せに浸りながら女王の橋と呼ばれる橋があるPuente la Reinaを目指す。
橋はどこ?橋はまだ?
足の痛みを我慢しながらひたすら歩く。

町の入り口で、他の日本人と会う。
情報交換ができるのは嬉しいが、なんだかネガティヴオーラ全開の怒りモード。
希望のアルベルゲに泊まれないとか、資料に載ってる金額より1€〜2€高いとか。
これじゃお金が足りなくなるよ!って。
どうしてるの!?って怒りモードで聞かれたけど。
そこ、あんま気にしてない。と答えて切り上げる。

カミーノに来てから、こんなネガティブオーラの人に出会ったのは初めてだった。
日本にいるとストレスいっぱいで、痺れるようなオーラの人がいっぱいいるんだけど。
正直、カミーノで関わりたくない。
こういうタイプの人は、周囲の人のハッピーオーラを物凄い勢いで枯らしていく。
関われば関わるほどネガティブに引っ張られていく。
神々がペリグリーノを守ってくれ、奉仕精神旺盛な町の人々、大自然の中を旅をする中で、わざわざネガティブなものに触れたくない。
カミーノの旅の中で古いものを洗い流しにも来ているのだから、不必要なものをもらっている場合ではない。

Camino Padres Reparadores Pilgrims Hostel
Camino Padres Reparadores Pilgrims Hostel

実は、私たちはアルベルゲで、どこまで歩くの?どこに泊まるの?とカタコトの何語かもわからない言葉で交流してて、サオリが仲良くなったグランマがアルベルゲを予約してくれている。
マダム!って声かけても振り向かないが、グランマ!って声かけると笑顔で振り向く。
めっちゃ世話好きで、几帳面で、エネルギッシュなグランマ。
かわいい。

私とサオリは、英語もスペイン語も話せない。
だけど、助けてくれる人が現れてカミーノを歩いている。
言葉じゃないんだと思う。
人と人との関係は。
それがカミーノの中で受け取るあらゆることに繋がっていくのだろう。
今日の出会いが、カミーノの旅で自分がどう在るよう心がけるかを教えてもらったように思う。

Camino Padres Reparadores Pilgrims Hostel RIOJA
RIOJAのワインとサオリのm&m

あっちもこっちもスーパーが閉まってる!
休みなのかなぁ?
張り紙を理解するのにすごい時間がかかり、シエスタということが判明。
カフェでランチを取り、スーパーに買い物に。
スパークリングウォーターが安い!
おー!ワインも安い!
ソムリエナイフが欲しいんだけど、オープナーしか売ってない。
探し歩いていたら、RIOJA(リオハ)のワインがおまけのソムリエナイフ付きで約10€
買いでしょ!
私のおごりで飲もう!!ってアルベルゲで飲み会。
わいわい飲んでいたら、キムがもっと飲むなら買ってくるよ?ともう1本。
いい感じで酔っ払い。
睡魔と共にBuen Camino!!!

旅の記録
Pamplona 〜 Puente la Reina 23.65km
アルベルゲ:Padres Reparadores Pilgrims Hostel 5€
ヘルスケア:43369歩 25.6km 72階

RIRI

関連記事

  1. 言葉にできない不甲斐ない自分と共に – カミーノ16日目

  2. 心のイライラが止まらない日 – カミーノ18日目

  3. 神様のいたずら!? 上の方でご縁を繋げてくれてるのかしら? ̵…

  4. 神に導かれる私だけの聖域 美しき愛で包まれる – カミーノ…

  5. 記念すべき100キロ地点!旅の終わりを感じながら – カミ…

  6. Camino IRACHC ワインの泉

    ワインが飲める巡礼の名所 イラーチェへ – カミーノ6日目…

  7. Camino スペインのサボテン

    再びひとり旅 星の降る町エステーリャへ – カミーノ5日目…

  8. camino

    やっと私の旅が本格化した日 – カミーノ11日目

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 足のトラブル
  2. 後回し
  3. 天使
  4. 肩こりのメッセージ
おすすめ記事 TOSHA記事
  1. リーディング
  2. オーロラ ヒーリング
  3. 好転反応
  4. ドルフィンスターテンプル
  5. 天使
  1. 日本 令和
  2. 節分「鬼外福内」
  3. 好きなこと
  4. 春分のメッセージ 新しいはじまり

Atelier RIRI メルマガを購読する