過去の古い感情を解放して、新しいポジティブな感情を手に入れよう!

私たちの感情はとても強いパワーを持っています。
今に100%生きている時、しっかりと感じ、それを表現しています。
思いっきり楽しんでいる、夢中になっている、時間を忘れてるような時、それが怒ってる時であっても今に生きています。
小さな子供たちは今に100%生きる私たちのお手本です。
今に100%生きている時、私たちはしっかりと感情を味わい、表現して、そして、それらを手放しています。
目の前のことを感じ、表現し、手放すから、次へと進むことができます。
それが楽しいことであっても、辛いことであっても手放すから次がやってきます。
楽しいことであっても手放さなければ、次の楽しいことがやってきません。
感じて、表現して、手放すことを、瞬間瞬間にやっていると、私たちの人生は進みだし、願っているものを次々と手にすることができます。

しかし、大人になる過程で、感じることや表現することを恥ずかしいもの、悪いこと、我慢すること、怖いものというように、いつの間にかいろんな刷り込みによってやってはいけないものになってしまっています。
本来感じていることを、感じないように、感じないようにしているうちに、感じることが麻痺し、自分がなにを感じているのかわからなくなってしまいます。
この時、感じていないのではなく、本当はちゃんと感じています。
感じていることを、感じなくしているだけなので、この時に感じていることが消化不良のまま内面に蓄積されていきます。
人によっては、感情を表現することしないまま、感情を抑圧して長年生きてきている人もいます。
感じていても、それを無理やり押さえつけている、閉じ込めようとしているようなもので、表現できていないので同じように消化不良となり蓄積されていきます。
感じて、表現しても、手放そうとしない人もいます。
許せない!わかってもらえてない!何度も罰してやる!仕返しするまで!いろんな思いから手放そうとしません。
新しいものが入ってくることを信じられなくて、手放そうとしない人もいます。

このように、蓄積され続けた感情は、あなたの内面でものすごいパワーとなっていきます。
最初は小さな感情であっても、年月をかけて蓄積されていけば大きな感情に変わってしまっているんです。
この蓄積された感情は、それと同じ感情になることを次々と引き寄せるように働きます。
ネガティブな感情であれば、ネガティブな状況を次々引き寄せてしまうため、あなたの人生はどんどん苦しくなってしまいます。
悪循環から抜け出せなくなってしまうのも、過去の古い感情が原因の場合がとても多いです。

あなたの内面に蓄積できる時は、感情を溜め込んでいても気にならないかもしれませんが、いつかは許容範囲を超え、何らかの形でパンクしてしまいます。
小さなことで苛立ち、ちょっとしたことで感情が爆発してしまうようになったり、やる気や生きる気力を失ってしまう、うつ状態、不眠症、不感症、「もう限界」「もうムリ」と仕事や家事ができなくなってしまうかもしれません。

蓄積している古い感情ほど、当たり前の感情や長年慣れ親しんだ感情のため、それが不必要な古い感情だと気がつきにくいです。
だからこそ、瞑想をしたり、自分の内面を見つめる、自分と対話する時間をもちましょう。
そして、古い感情に気がついたら、それを解放することで、新しいポジティブな感情を招き入れるスペースができます。
どんな感情でも、感じ、表現し終わったら解放し、新しいよきものを招き入れてください。
あなたが望んでいるものをそのスペースに招き入れてください。
そうすれば、あなたの人生はどんどん明るく、楽しいものになっていきます。

古い感情を解消したい!やり方がわからない、自分ではどうやっても手放せない、何度やっても変化を感じられないという方は、スピリチュアル個人セッションをご予約ください。

RIRI

インナーチャイルド スピリチュアル個人セッション

関連記事

  1. 選択を変えれば、人生が変わる!

  2. 霊的な進化 ステップ4「学びながら自分を癒しはじめる」

  3. 自分を癒している時、体にいろんな反応が出る

  4. ゆっくり休んで、思考も感情もデトックス!

  5. イライラや怒りの解放をサポートするフラワーエッセンス

  6. 急に色褪せたり、劣化するもの 〜断捨離をしよう〜

  7. 霊的な進化 ステップ2「スピリチュアルな迷宮」

  8. 自分がして欲しいことを自分にしてあげる

最近の記事

  1. 涅槃仏 ワットポー
  2. ワットアルン
おすすめ記事 人気記事
  1. 第1チャクラ 個人セッション
  2. Atelier RIRI SESSION
  1. インディゴスピリチュアルチャンネル

Atelier RIRI メルマガを購読する