我慢してきた苦しみのエネルギーを癒す

人生の中で我慢することが習慣になっている人は、非常に重たいエネルギーを蓄積しています。
我慢をすることで、苦しみ、悲しみ、絶望、痛み、虚しさ、怒り、憎しみなど、いろんな感情がそこにあり、それらも一緒に蓄積します。
ぐっと耐えてきた頑ななエネルギーがたくさん蓄積されていて、ずっしりと重みと厚みがあり、なかなか光を通しません。
エネルギーも頑なで、最初の頃はエネルギーが容易に変容していきません。
長年我慢ばかりしてきた人は、体のあちこちにそのエネルギーを持っています。
体全体が重たいエネルギーになってしまっている人も少なくありません。
我慢のエネルギーは、体のダルさ、体が重いという感覚、体にコリや痛みと繋がっている場合が多いです。
蓄積されている部分は、柔軟性がなくなり、本来の動きよりも鈍くなってしまいます。

人生でたくさん我慢をしてきた人のエネルギーには、忍耐強く光を流し続け、少しずつ少しずつ浸透していくのを見守ります。
硬く凝り固まってしまったエネルギーを、光で柔らかく柔らかく溶かしてあげるように。
頑なな我慢がゆっくりゆっくりと解されていき、癒されていきます。
今まで我慢してきた辛い思い、悲しみ、苦しみ、憎しみなどが解放されていきます。
我慢をすることが当たり前だった人にとって、我慢をしないことの方が不慣れです。
なかなか我慢を手放せません。
今まで我慢してきたこをゆっくり、ゆっくり手放しはじめます。
その時間が必要です。

あなたが、アセンションや霊的な進化を望んでいくのなら、これらを手放していく必要が出てくるでしょう。
体の痛みやコリを解消したい!という思いからでもいいでしょう。
長年の我慢のエネルギーを癒してあげるには、何度もヒーリングをし、時間をかけてあげる必要があるかもしれません。
この我慢してきたエネルギーを解放してあげることで、あなたの体はもちろんのこと、心や生き方も軽くなり、自由に、そして可能性が広がっていくでしょう。
体をヒーリングしてあげることは、自分をいたわり、大切にし、自分を愛することと繋がっていきます。

RIRI

スピリチュアル個人セッション

関連記事

  1. ゆるすということは、過去の出来事から自分を解放してあげること

  2. 同じようなメッセージが繰り返される時

  3. はじめて会うインナーチャイルドは、いじけて話してくれないことが多い

  4. 古い感情をヒーリングすると、本来の感覚が戻ってくる

  5. 痛みは否定的な考えに執着している時に起こる

  6. 肌のトラブル

    肌のトラブル 体からのメッセージ

  7. 風邪 インフルエンザ

    風邪とインフルエンザのメッセージ 体調不良を感じたら体の声を聞いてみよ…

  8. 【誘導瞑想】肩こり解消 〜背負っている重荷をおろそう〜

最近の記事

おすすめ記事 TOSHA記事
  1. Atelier RIRI SESSION
  2. 第2チャクラ
  1. カミーノ Aurizberri 教会

Atelier RIRI メルマガを購読する